注目される樹木葬とは

お墓を建てるのではなく、木を植えることでお墓の代わりにする樹木葬は近年注目される納骨方法です。遺骨はお墓に納骨するものというような常識は今や薄れつつあります。では、樹木葬というのはいったいどのようなものなのでしょうか。
樹木葬は墓地などの決められた場所に樹木を植えることで、お墓の代わりにします。遺骨は樹木の根元に植えることで納骨となります。遺骨のあり方としては散骨というものがあり、自然に遺骨を撒くという手法なのですがこちらは樹木葬とは異なります。散骨はお墓という概念はなく、粉骨した遺骨を撒くことで故人を偲びます。しかし、樹木葬は樹木がお墓の役割を果たしますので、許可を得ている土地に行わなくてはいけません。
また、樹木葬は一区画に一人分の埋葬を行うのが基本であり、お墓のように継承することはありません。樹木葬は管理者による一定期間供養が行われて合祀されるというような方法を取れているケースが多いとされています。樹木葬は霊園での埋葬となりますが、全ての霊園で樹木葬を取り入れている訳ではありませんので、確認は必要です。